ミャンマー国内情勢の変化に対するPHJの対応について(2)

PHJご支援者の皆様 いつもPHJの活動に対してあたたかいご理解とご支援をいただき、心より御礼申し上げます。 2月1日にミャンマーにおいて緊急事態が宣言されて以来、情勢は変化を続けています。 情勢の変化の中で、尊い生命を落とされた方々のご冥福をお祈りするとともに、 ケガをされた方々の一日も早い回復を願っています。 現在、ミャンマー事務所の現地スタッフと毎日連絡を取り合いながら、 全員の無事を確認しています(日本人駐在員は、ミャンマーにおける 新型コロナウイルス感染拡大のため、2020年4月に退避帰国しております)。 2020年12月に始まった新規事業の活動は見合わせており、 今後も、現地スタッフと事業関係者の安全を最優先にして、 在宅勤務体制のもと、情報の収集と情勢の変化を注視し続けてまいります。 特定非営利活動法人(認定NPO法人) ピープルズ・ホープ・ジャパン 代表 神谷洋平

TOP