寄付金控除のご案内

認定NPO法人であるPHJへのご寄付は、 税制優遇の対象となります。

ピープルズ・ホープ・ジャパン(PHJ)は東京都の認定を受けた「認定NPO法人」です。 (PHJは2001年国税庁より認定NPO法人第一号として認定されました。) PHJのNPO法人認定: 認定番号: 31生都管第1521号、 認定年月日: 令和2年1月30日、 有効期間: 令和元年9月30日から令和6年9月30日まで PHJが認定NPO法人であることによっていただいた寄付金は、税制上の特例措置の対象となります。

認定NPO法人への寄付に対する税制優遇が拡大しました

2011年6月30日に施行された新寄付税制により、税額控除方式が導入され、寄付者のメリットが大幅に増加しました。これまでは、寄付した分だけ所得が安くなる「所得控除」のみでしたが、新しい制度では税金そのものを減額できる「税額控除」も使えるようになりました。PHJへの寄付は2011年1月1日に遡り新しい税制優遇の対象となります。

対象となる寄付

(ピープルズ・ホープ・ジャパンへの寄付すべて) 賛助会費、カレンダー募金、こんにちはお母さん募金、東日本大震災募金、一般寄付など

個人が寄付した場合

「所得控除」と「税額控除」のどちらかを選択することが可能です。一般的には税額控除が有利です。 ※控除対象の範囲は寄付者住所の条例によりますが、所得税に加え地方税も控除の対象となります。 お住まいの各自治体にお問い合わせください。
所得控除(寄付金控除) 税額控除(寄付金控除)
控除金額 寄付金-2,000円 (寄付金-2,000円)×40%
寄付金限度額 所得の40%以内 所得の40%以内
控除限度額 所得税の25%以内
添付領収書 PHJ発行の領収書 PHJ発行の領収書

法人が寄付した場合

法人が認定NPO法人に対して支出した寄付金は、一般の寄付金の損金算入限度額とは別に、当該損金算入限度額の範囲内で特別損金算入*をすることができます。 [損金算入限度額算式」 (資本金等の額 x 0.375% + 所得金額 x 6.25%) x 0.5 資本金等の額とは、資本の金額と資本積立金の合計額です。 *2011年11月に成立した税制改正法案により、認定NPO法人向け特別枠が拡充されました。 寄付金控除を受けるためには、申告が必要となります。 寄付金控除についてはこちらのパンフレット(国税庁HPより)により詳しい説明が掲載されています。

TOP