アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 支援する >  西日本豪雨被災地でAMATがDMATと連携して支援を展開

西日本豪雨被災地でAMATがDMATと連携して支援を展開

西日本を中心に記録的な豪雨被害をもたらした「平成30年7月豪雨」の被災地に対し、全日病はAMAT(災害時医療支援活動班、All Japan Hospital Medical Assistance Team)を派遣し、岡山県を中心にDMAT(災害派遣医療チーム)との連携の下で支援活動を展開しました。

災害対策本部にてDMATとAMATが連携


全日病は7月7日の段階でAMAT本部を立ち上げ情報収集を開始しました。

AMATは、被害が大きかった倉敷市を中心に活動し、10日から16日にかけて、最大6隊のAMATが被災地に滞在する形で支援活動を継続しました。

AMAT

現地では県の災害対策本部の下でDMATと協働し、DMATの手が及ばない避難所の支援を担当し、AMATの特徴である病院救急車の機動力を生かし真備を中心に避難所巡回治療を行いました。

また地元の消防力を補完する形で、病院救急車を活用して傷病者の医療搬送を行いました。

7月14日からは日本医師会のJMATが被災地に入り、AMATはDMATとJMATをつなぐ役割を果たしました。

全日病事務局によると、今回の支援活動に参加したAMATは、7月8日~16日にかけて13班52名となりました。

AMATとして出動した病院は以下の通りです。

【AMAT出動病院】

筑波記念病院、南多摩病院、永生病院、松波総合病院、平成立石病院、花と森の東京病院、加納総合病院、京都きづ川病院、大阪暁明館病院、福岡新水巻病院、織田病院、赤穂中央病院

【全日病災害時医療支援活動班】

光生病院