アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 活動内容 > ミャンマー > ミャンマー 母子保健改善事業 >  布マスクを地元で製作し、ボランティアへ配布

布マスクを地元で製作し、ボランティアへ配布

ミャンマーでは雨季に入り、雨の日が続いています。

ミャンマー保健スポーツ省は、COVID-19感染拡大予防のため、村での集団妊婦健診や予防接種活動を中止していましたが、6月より予防接種活動を再開し始めました。
こうした医療サービスは、妊婦さんや赤ちゃんのいのちを守る、大切な医療サービスです。
しかし、同時にCOVID-19の感染の恐怖は、ミャンマーの村びとたちの間にも広がっています。出産を控えた妊婦さんの中には、医療施設での感染を恐れて自宅での出産を希望する妊婦さんも増えています。

地域保健を担う助産師たちは、医療施設ではしっかりと感染予防措置を講じているため安全な医療を受けられることを、村びとたちに訴えかけています。
しかし、医療施設から遠く離れた地域に住む人びとにとって、医療者や医療施設は遠い存在であることも事実です。そんな中、村に居住している母子保健推進員が妊産婦さんの各家庭を訪問して相談に乗ったり、地域の助産師と情報を共有して妊産婦へ必要な医療フォローアップを促したりといった、医療者と村びととの間の橋渡しの役割を果たしています。

このような母子保健推進員や補助助産師は政府職員でなくボランティアであるため、政府からの個人用防護具の配布は期待できません。
そこで、PHJは、母子保健推進員や補助助産師さんたちが安全に村びとの支援活動にあたることができるよう、布マスクの配布支援を行いました。

婦人保健訪問員から補助助産師に布マスクを手渡す様子(シュエミョーステーション病院)

布マスクは、ミャンマー保健スポーツ省が定めた仕様のもの計904枚を、事業地近くの縫製業者へ発注しました。地元で製作されたマスクが村びとたちやボランティアの健康を守るために配布されました。ミャンマーの村では人々が助け合って生活している様子をよく見かけますが、COVID-19の影響下にある今も、こうした助け合いの仕組みによって必要な支援が必要な場所に届くよう、支援しています。
布マスク配布時には、助産師がマスクの正しい使用方法を説明するとともに正しい手洗い方法や身体的距離を保つこと等の感染予防行動を、改めて各ボランティアへ指導しました。

マスクの使用方法等を教育する助産師と母子保健推進員(ミャウミェイ地域)


COVID-19感染への不安が消えない今、安心して元気な赤ちゃんを産むことができるような医療体制を整えるため、各村の母子保健推進員や補助助産師と医療者が協力して、地域の人々の健康も守ることができるよう、これからも支援していきます。
【本事業は、外務省日本NGO連携無償資金とサポーター企業・団体、個人の皆様からのご支援により実施しています。】