アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 活動内容 > ミャンマー > ミャンマー 母子保健改善事業 >  COVID-19対策に医療機関へ緊急支援物資を寄贈

COVID-19対策に医療機関へ緊急支援物資を寄贈

PHJミャンマー事務所は、3月末に事業地であるタッコン郡保健局とレウェー郡保健局より新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の感染疑い者への検査・治療のために必要な医療物資の寄贈依頼を受け、感染拡大を予防し地域住民の健康を維持するため4月7日、4月8日に寄贈を実施しました。

COVID-19のアウトブレイクが世界的に拡大し、ミャンマーでも3月23日に感染者が発表され、その後徐々に感染者が増えています。
こうしたなかでミャンマーの水祭りと旧正月である4月10日~4月17日にタイからの大勢の帰還労働者の入国による感染拡大が懸念されています。

そこでタッコン郡保健局とレウェー郡保健局は今後のCOVID-19の感染拡大対策として、帰還労働者や感染疑い者に対して感染症状の検査、治療する際に必要となる医療物資の寄贈を依頼しました。
この要望にいち早く対応するため、PHJは4月7日にタッコン郡保健局へ、4月8日にレウェー郡保健局へ下記の物資(総額約50万円)を寄贈しました。今後、各保健局が病院や地域保健センターに配布する予定です。

【寄贈した医療物資一覧 (総額約50万円)】
1:非接触体温計:15台(タッコン郡保健局:8台、レウェー郡保健局7台)
2:マスク個数:107箱(タッコン郡保健局:61箱、レウェー郡保健局46箱)
3:アルコールジェル 2L 個数:70本(タッコン郡保健局:40本、レウェー郡保健局40本)
4:医療用手袋(Mサイズ) 個数:77箱(タッコン郡保健局:44箱、レウェー郡保健局33箱)

タッコン郡保健局への寄贈


レウェー郡保健局への寄贈

なお、PHJミャンマー事務所は3月末にタッコン郡保健局長と今後の支援活動の実施方針について協議し、『参加者が社会的距離を保てない集会は禁止』という方針に基づいて助産師の教育や母子保健教育、定期会議などの一部の活動を5月以降に延期することなどを決めています。