カンボジア 活動レポート

2019年6月19日

フードデモンストレーション(離乳食の調理実習)を実施しました。

5月下旬にクポッタゴン区のプレック・トゥク村でフードデモンストレーションを行いました。 村の母子保健ボランティアの自宅をお借りして、乳児を持つお母さんたちを対象に栄養のある離乳食のお粥の調理実習をしました。 PHJスタッフと母子保健ボランティアの指示のもと、お母さんたちが調理に参加しました。
お粥を待つ子供たち
離乳食のお粥完成です。 お米のほか、緑野菜、カボチャ、サツマイモ、魚、卵、豆腐など、栄養価の高いものが入っています。 子供たちのほとんどがお代わりをしました。 参加者全員で試食しました。大人にも好評な味でした。 最後に、PHJスタッフが乳児に必要な栄養に関する講義をしてフードデモンストレーションは終了しました。 今まで栄養のあるお粥を作りたいと思っていたけれど作り方を知らず、今回の実習で学べてよかったとお母さん達から感謝の声をいただきました。

TOP