アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 企業・団体の方へ > 企業・団体による支援事例 >  支援事例:カシオ計算機株式会社
認定NPO法人
ピープルズ・ホープ・ジャパン
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5507
FAX:0422-52-7035
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
アカウンタビリティセルフチェック

支援事例:カシオ計算機株式会社

カンボジア・ミャンマー・日本 壁掛け時計・計算機・プロジェクターの寄贈(2008年~2017年)

カシオ計算機株式会社はPHJの活動地域で自社製品を医療保健施設やPHJ事務所へ寄贈し支援して下さっています。

2008年にはカンボジアへ壁掛け時計、計算機41台、2011年にはPHJ東京事務所へプロジェクター1台、2017年にはカンボジアとミャンマーのPHJ事務所へプロジェクター各1台を寄贈してくださいました。

カンボジア事務所へ寄贈してくだったプロジェクターは保健行政区との会議、保健センタースタッフ・助産師との会議や研修に使わせていただいています。写真は2018年6月、PHJがコンポンチャム州ストゥントロン保健行政区で行ってきた事業が最終段階に入り、現地が自力で事業を継続していける体制を整え、4年間の活動引継ぎ会議でカンボジア事務所長が説明しているところです。

ミャンマー事務所へ寄贈してくださったプロジェクターは、タッコン郡での妊婦さん・村人への保健教育、助産師・補助助産師の研修や会議に使わせていただいています。写真は2018年4月、妊婦さんと村人向けの「安全なお産を学ぶ」教育に、ミャンマー保健省作成のドラマを教材にして見せているところです。寄贈いただいたプロジェクターを使い、参加者に喜ばれる保健教育を実施できました。