アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ >  メールニュース2月号
認定NPO法人
ピープルズ・ホープ・ジャパン
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5507
FAX:0422-52-7035

メールニュース2月号

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*
   ピープルズ・ホープ・ジャパン(PHJ)
                 −アジアの母と子をささえる

                                    メールニュース2月号 2013/02/25
*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

2月も残すところあと3日。
まだまだ厳しい寒さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
2月号のメールニュースをお届けします。

===========================================

目次

【お知らせ】      各種イベントに参加しました。
【お知らせ】  プロボノ募集!
【活動報告】  ■ カンボジア  「再トレーニングの必要性」
        ■ インドネシア 「生後6ヶ月は母乳中心で」
        ■ タイ     「可愛い笑顔を見せてくれました。」
【編集後記】  

◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇
【お知らせ】 各種イベントに参加しました。
◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇

財団法人 地球・人間環境フォーラム主催フォーレストパートナーシップセミナー、
武蔵野市市民協同推進ネットワーク主催メッセージdeメッセ、おおさわ学園三鷹市立第7中学校1年生の
「職業人の話を聴く会」に参加しました。
たくさんの皆さんと交流を持てることはとてもいい機会だと思います。
詳しい内容につきましては、下記をご覧ください。

フォレストパートナーシップセミナー≫http://www.ph-japan.org/join_event_01
メッセージdeメッセ≫http://www.ph-japan.org/join_event_20130224
「職業人の話を聴く会」≫http://blog.livedoor.jp/ph_japan/archives/52118073.html

◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇
【お知らせ】 プロボノ(ボランティア)募集!
◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇

広報誌一新のための企画・デザインに携わってくださすプロフェッショナルな人材を求めています。

詳しくはこちらをご覧下さい。≫http://www.ph-japan.org/join_intern

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【活動報告】 カンボジア、インドネシア、タイ 、ベトナム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ カンボジア

・母子保健ボランティア育成と訪問活動推進(母子保健改善事業)
http://www.ph-japan.org/program_cambodia_maternal
従来からの保健ボランティアや顔役となっているお母さんなど、地元の人材を活用して
村の母子保健で鍵を握る女性を母子保健ボランティアとして育成しています。

活動レポート「再トレーニングの必要性」
http://www.ph-japan.org/program_cambodia_maternal_07
昨年育成したボランティア向けに再トレーニングを実施しましたが、1年経過すると理解度が
70%まで落ち込んでいました。
今後も定期的な再トレーニングが必要です。

■□■ インドネシア 

・母子健康改善 
http://www.ph-japan.org/program_indonesia_maternal
乳児死亡率と5歳未満児死亡率、妊婦死亡率も非常に高いインドネシアのバンテン州。
この状況を改善するために月例で母子保健教育を行っています。

活動レポート「生後6ヶ月は母乳中心で」
http://www.ph-japan.org/program_indonesia_maternal_05
生後まもなくからバナナなどを与える習慣があるそうです。国が違えば考え方も様々です。

■□■ タイ

・小児先天性心臓病手術
http://www.ph-japan.org/program_thai_pediatricdisease
タイでは、生まれつき心疾患をもつ子どもが年間8000人も生まれ、そのうち1/3から半分の
子供たちが手術を必要としています。
このような子供たちを救うために支援を行っています。

活動レポート「可愛い笑顔を見せてくれました。」 
http://www.ph-japan.org/program_thai_pediatricdisease_03
生後9ヶ月の男の子。手術は無事成功し、可愛い笑顔を見せてくれました!

===========================================
【編集後記】 
===========================================

スタッフブログでもご紹介していますが、PHJスタッフが近隣の中学校で「職業人の話を聞く会」の講師を務め、
参加した中学生の皆さんから、後日たくさんの感想を頂きました。
その中で一番多かったのが、「“仕事”について考える良い機会になりました」というものでした。

改めて「仕事とは?」と考える中で、以前ある大学院の学生の方がPHJの運営モデルと称して下さった
『Happy/Happyコンセプト』を思い出しました。
・支援される人々の幸せ(健康に暮らせる喜び)
・支援する人の幸せ(人を幸せにする喜び)
・PHJスタッフの幸せ(幸せの橋渡しをする喜び)

目の前の仕事で精一杯になってしまう日々ですが、その先には支援される人々、
支援する方々双方の喜びにつながっているのだと再確認しました。

中学生の皆さんに、私達の方こそ良い機会を頂いた気がします。

◆メール配信対象
 メールマガジン登録の手続きをしてくださった方々やPHJ運営委員の方々、
 およびPHJを支援してくださっている方々にお送りしています。
◆メール配信解除
 メールニュースの配信停止をご希望の方は、以下のページにてお手続きを
  お願いいたします。
http://www.ph-japan.org/about_mailmagazine
◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
発行者:ピープルズ・ホープ・ジャパン
国際保健医療支援団体 認定NPO法人第1号
代表 木村 敏雄
広報 畑 真弓
〒180-8750 東京都武蔵野市中町 2-9-32
Tel:0422-52-5507  Fax:0422-52-7035
e-mail:info@ph-japan.org
URL: http://www.ph-japan.org
Copyright: 2012ピープルズ・ホープ・ジャパン
◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇