アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 支援する >  熊本地震による被災した病院の様子

熊本地震による被災した病院の様子

熊本地震医療支援募金の使途は被災病院の復興に向けた支援となります。
被災した2病院の状況をご報告いたします。

なお、各病院のホームページにも写真とともに詳細な情報を掲載されていますので、
あわせてご覧ください。

●社会医療法人ましき会益城病院
精神科・心療内科・小児科・歯科 210床
6月現在、被災しながらも、外来診療は継続中。入院施設は一部で再開したものの、復旧工事中で十分なサービスの提供が出来ていません。

・ホームページ http://www.mashiki.jp/
・震災後の広報誌(被災状況と復興に向けたメッセージ) http://www.mashiki.jp/pdf/reborn.pdf
●被災後の院内状況図↓


院内の状況を説明する益城病院犬飼邦明理事長


亀裂が入った床


●医療法人社団順幸会阿蘇立野病院
(内科、循環器内科、消化器内科、泌尿器科、外科、心臓血管外科、肛門外科、
整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科・88床)

6月21日現在、阿蘇立野病院は被災し院での診療を中止しています。
なお6月1日より、陽ノ丘荘の近くで「上村ぬくもり診療所」を開設し、診療を再開しています。

・ホームページ(被災状況) http://asotateno.ecgo.jp/page0171.html


病院周辺の住宅の様子