アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 支援する >  支援活動と被災地のいま(全日病職員の方のお話)

支援活動と被災地のいま(全日病職員の方のお話)

●被災地の状況
熊本地震が起きた翌日の4月16日から5月8日まで、被災地で支援活動を長期的に行ってきた全日本病院協会の方よりお話を伺いました。
下記がインタビューの内容です。

「4月16日、水が足りないということで支援物資をトラックに乗せ、羽田まで急行し、飛行機で福岡まで移動。飛行機への支援物資の積み込み、積み下ろしまで行きました。

福岡からレンタカーで熊本県の青磁野リハビリテーション病院まで行き、
この病院を拠点に送られてくる物資の仕分けなどの活動を5月8日まで行いました。


こちらの病院で働く職員の方も多くが被災して、避難所から通いながら勤務していたそうです。
印象的だったのは、被災した職員が大勢いながらも病院内の雰囲気は不思議と明るかったこと。
「助けなければ」という使命感は、どんな状況であって人を奮い立たせる力があるのでしょうか。

AMATは16日以降、白鬚橋病院、永生病院、南多摩病院(いずれも東京都)、霧島記念病院(鹿児島県)、赤穂中央病院(兵庫県)が順次活動を展開しました。
25日時点で、支援活動を行った全日病AMATは11隊・43人です。


被災地では、ゴミの収集も滞っており、一般のゴミの集積場所に粗大ごみをこっそりおいていく人もいたり、まちのあちこちにごみの山がうずたかく積もっていました。

地震などでインフラが寸断されると、こうしたごみや、トイレは深刻な問題になります。

避難所の健康に関する問題はさまざまですが、余震、避難生活によるストレスなどで心身のストレスがたまっていることが懸念され、実際に小学校低学年くらいの子供が怒りっぽくなった、といった報告もすでにあるそうです。」

以上が、職員の方のお話でした。

すでにAMATの派遣もおわり、全日病の支援活動も新たなフェーズに進んでいます。
被災地の病院の中には建物が損壊し、閉院が決まっている病院もあるとのことで、
今回の地震で病院のハードの部分でも被害を受けています。
今後は損壊した病院の状況を調査し、復興支援を進める予定です。

■PHJの熊本地震医療支援募金にご協力ください

クレジットカードで
寄付する
銀行振り込みで
銀行から寄付する場合は入金前にお申込みフォームにて寄付の種類、金額、氏名、住所、を連絡ください。
振込先>> みずほ銀行 三鷹支店 (普通)1519866 ピープルズホープジャパン