アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 活動内容 > インドネシア > インドネシア 栄養改善教育 >  野菜の栽培・利用で栄養改善に一役

野菜の栽培・利用で栄養改善に一役

栄養改善教育の一環として行っている、ボランティアの方を対象とした栄養講習も第2フェーズが終了しました。現在は各村1地区で実際に母親達へ栄養教育を行う講習を行い、自信をつけてもらった後、自主性に繋げてもらうというアプローチを実施しました。

この活動も最終段階に入り、レシピカードを印刷・利用してメニューの紹介を行い、母親たちが実際に家庭でこの栄養メニューを作ってもらうことを狙いとして活動を進めています。

■菜園活動のモニタリング結果(一部抜粋)

・栽培中・・・ホウレンソウ、ケール、とうもろこし、バナナ、かぼちゃ、チリ等

・水源・・・川、井戸、個人宅等

・問題・・・ヤギ被害、人材確保

熱心に野菜の育て方を学ぶ村民とボランティアスタッフ

 

収穫した野菜も利用したレシピカードも、講習で有効に活用されています

(左上から))お米のコロッケ、野菜スープ、魚のコロッケ、魚のフリッター、チキンのサモサ