アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

妊娠期の栄養について

国立栄養研究所のヴィドド氏を招いて、「妊娠期の栄養について」をテーマに教育活動を実施しました。栄養バランスの取れた食事が出来ていないことに加え、必要なカロリーを慢性的に摂れていない妊婦が多く、その理由としては、貧困も一つに挙げられるものの、多くの場合は心理的な要素が強いという事でした。
妊娠初期は「つわり」などにより、食べることへの恐怖を感じることで、食欲がない・欠食するなどの妊婦が多いとの事でした。従って、「嘔吐したとしても欠食しないことを心がける」必要性が説明されました。