アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

保健センターの補修

農村の身近な診療所である保健センターは、妊婦健診や出産を行う大切な場所。
そしてまたスタッフ同士、保健ボランティアを集めての会議も行われます。

農村にとって不可欠な保健センターですが、
老朽化が進んでいたり、設備が不足していたりと
ハード面でさまざまな問題を抱え、時には危険なこともあります。

この保健センターには橋を渡らないと行けません。

センター側からみると、橋の両側が溝ができています。PHJスタッフも足がはまってしまったとか。

小さい子供だったらもっと危険なことになりそうです。
治療を受けにきた診療所でさらに怪我をしてしまったら
大変です。
穴を埋めて補修が必要です。

こちらは保健センターの天井。穴だらけですね・・・。

下のように各保健センターの設備を確認し補修をしていきます。