アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 活動内容 > 日本 >  日本 東日本大震災支援活動

日本 東日本大震災支援活動

PHJでは現在東日本大震災により被災した病院機能の復興支援にあたっています。

被災した歌津八番クリニックに全自動血圧計を寄贈

PHJでは震災直後から被災地で医療支援を行っている社団法人全日本病院協会(*1)と提携して募金を行っております。震災発生後から6月末までのおよそ3ヶ月半は医療救護班の派遣を行っていました(*2)。2011年7月以降は、被災した病院の復興支援に切り替え、活動を継続しています。地震だけでなく津波の被害も受けた会員病院のなかには、建物は持ちこたえたものの医療機器がダメージを受けて使えなくなったというケースが少なくありません。病院がこれまでどおり運営していくためには医療機器購入費の一部を募金でまかなう予定ですので、皆様のご支援ご協力よろしくお願いいたします。

この活動に寄付いただく場合はこちらへ
支援活動については大震災・支援活動ブログ

活動レポート

2017/05/30
2017・4 気仙沼・石巻訪問:支援相談とDVDプレーヤー寄贈など詳細はこちら
2016/11/18
石巻・気仙沼訪問:新たなコミュニティ構築と健康改善へ詳細はこちら
2016/6/23
気仙沼の今詳細はこちら
2015/12/29
復興のきざしが見えてきた東北被災地詳細はこちら
2015/05/26
石巻市で視察・漁業支援ボランティアを経験詳細はこちら
2014/12/03
気仙沼医師会、森田医院、訪問詳細はこちら
2014/10/08
九月末に気仙沼、多賀城、石巻を訪問詳細はこちら
2014/06/27
気仙沼 包括ケアセンターを訪問詳細はこちら
2014/03/26
【第三次支援】7つの医療機関に医療機器などを寄付しました詳細はこちら
2013/11/29
石巻市立病院開成仮診療所の長先生を再度訪問詳細はこちら
2013/11/19
病院が明るい会話と活気に満ちてきました。詳細はこちら
2013/09/27
気仙沼の未来を乗せた分娩台を寄贈しました詳細はこちら
2013/09/27
気仙沼医師会長から感謝状をいただきました詳細はこちら
2013/08/13
被災したクリニックに患者さんが戻ってきました詳細はこちら
2013/06/27
寄贈のドクターカー、被災地を走る詳細はこちら
2013/05/28
気仙沼医師会に災害支援車両2台を寄贈しました詳細はこちら
2012/11/30
石巻仮診療所にドクターカーが届きました詳細はこちら
2012/10/04
ヒルトン・イン・ザ・コミュニティ財団年次報告に掲載されました詳細はこちら
2012/09/27
移動診療車、マスクを寄贈詳細はこちら
2012/09/04
気仙沼での尺八ライブが実現しました 詳細はこちら
2012/06/05
被災した病院がリニューアルオープン詳細はこちら
2012/05/01
気仙沼訪問詳細はこちら
2012/04/27
第2回 被災病院への医療機器・什器寄贈詳細はこちら
2011/12/19
第1回 被災病院への医療機器・什器寄贈詳細はこちら
(*1):社団法人 全日本病院協会とは全国2300以上の民間病院で構成され、今回の被災地域には218の会員病院があります。PHJは設立以来各種のご支援・ご協力を頂いています。
【URL】 http://www.ajha.or.jp/
(*2):全日本病院協会の災害対策本部は3月14日設置と同時に福島県いわき市、翌3月14日には宮城県気仙沼市へ医療救護班を派遣。(この活動は日本医師会と共同で実施)医療救護班は医師1名、看護師2名、事務1名の4名単位で構成され現地での医療支援とともに避難所から適正な病院への移送調整作業も行いました。6月末までに127班482人を派遣いたしました。

 

東日本大震災 募金の収入・支出 【2016年12月31日まで】

収入 単位(万円)
現金寄付・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   14,359
商品寄付(医療機器・事務機等)・・・・20,837
支出
医師派遣費・医療機器調達費・・・・・・10,670
商品支援(医療機器・事務機等)・・・・20,837
輸送費・スタッフ活動費 ・・・・・・・・・・・・2,759
残額
復興支援に使う予定・・・・・・・・・・・・・・    930