アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ > 企業・団体の方へ > 企業・団体による支援事例 >  支援事例:横河電機株式会社
認定NPO法人
ピープルズ・ホープ・ジャパン
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5507
FAX:0422-52-7035

支援事例:横河電機株式会社

インドネシア 地域保健センター建築(2008~2015)

横河電機は2008年以来、インドネシア国セラン県において(認定NPO法人)ピープルズ・ホープ・ジャパンを通じで母子健康改善活動を支援しています。セラン県はジャカルタの西80Kmにある地域で貧しい村々でPHJは、妊産婦の健康を改善するために、まず助産師の育成と妊産婦対象の保健教育を行い、さらに2009年、安全な出産を支援するために地域保健センターを建築しました。ここには助産師が常駐しているため、24時間体制でお産が可能となりました。この地域の出産可能な女性人口は約500人、年間出産数は約100人です。
2012年は、地域保健医療システム強化事業としては、新たな診療所の建築支援を行ったほか、上水道の設備のない地域で安全な水を確保するために手掘りの深井戸を掘削しました。また栄養改善教育事業では、新鮮で安価な食材確保のための栄養菜園開発を行い、期待以上の収穫を得ることができました。このような活動は、国連ミレニアム開発目標 ゴール4(乳幼児死亡率の削減)とゴール5(妊産婦の健康の改善)の達成に貢献しています。