アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ >  2014年1月号 中学校で国際理解教育
認定NPO法人
ピープルズ・ホープ・ジャパン
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5507
FAX:0422-52-7035

2014年1月号 中学校で国際理解教育

アジアの母と子をささえる 国際保健医療支援団体 ━━━━━━━━━━━━☆☆
            
ピープルズ・ホープ・ジャパン(PHJ)
      メールニュース1月号 2014/1/31

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebookも更新中!→ http://www.facebook.com/phjapan.org

みなさま、こんにちは。
PHJのメールニュース担当の南部です。
新しい年が始まり、
すでに1か月がたとうとしています。

日本ではインフルエンザが広がり
子供を持つPHJスタッフは
戦々恐々としています。
手洗いやうがいなどの基本的な予防が
重要であることに改めて気づきます。

医療環境が整っていない
カンボジアやインドネシアなどでは
ヘルスケアが必要不可欠。
PHJの教育活動が根付くように
これからも続けていきます。

◆◆INDEX◆◆
1】今月のトピック:中学校で国際理解教育

2】海外活動レポート
    ★インドネシア:建設中の地域保健センターのプロモーション
    ★カンボジア:母子保健ボランティア、トレーニングの成果は
    ★タイ:HOPEパートナーに衛生教育    
    
3】フィリピン台風緊急支援・現在の募金額
被災地に送ったソーラーライトシステムが到着

4】2013年インターン生が終了
2013年夏よりインターン生としてPHJで働いていてくださった原田さんが12月にインターンを終了しました。

■◇———————————————————————◇■

1】今月のトピック:中学校で国際理解教育

PHJスタッフの中田が武蔵野市の中学校で国際理解教育の一環としてカンボジアを
テーマに話をしてきました。対象は中学校1年生。

授業ではそもそもカンボジアとは・・という話をしたあと、メインは出産で死んで
しまうお母さんの話です。お産が死につながる、というストーリーは印象的だった
らしく、おどろいた、なんとかしたい、という項目を授業後のアンケートで
○をつける生徒が何人も見受けられました。

イベントなどで参加してくださるのはたいてい大学生以上の方ばかりなので、
こうした中学生の素直な反応というのは新鮮でした。

こうした若い世代にテレビやインターネットからではなくNGOなどで現地で働いた
人自身がフィルターを通さずにその国の実情をしっかりと伝えていく。それは
世界に関心の目を向けたり、自分の将来の仕事を考える貴重な機会になるのでは
と思います。

実際に授業で話をした中田の報告はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/ph_japan/archives/52158019.html

—————————————————————————-

2】海外活動レポート

★インドネシア:建設中の地域保健センターのプロモーション
    新しく地域保健センターを建設しています。完成後、きちんと
    利用されるセンターになるには?
    http://www.ph-japan.org/program_indonesia_maternal_11

    ★カンボジア:母子保健ボランティア、トレーニングの成果は?
    http://www.ph-japan.org/program_cambodia_maternal_18

    ★タイ:HOPEパートナーに衛生教育
    http://www.ph-japan.org/program_thai_hope_07

—————————————————————————-
3】フィリピン台風緊急支援・現在の募金額
  
  被災地にソーラーライトがとどきました!
  http://www.ph-japan.org/support_disaster_2013philippine-report7
  
  募金については2014年1月31日、現在で1,342,500円が集まっています。
  ご協力ありがとうございます。なお募金期間は2014年4月30日までとなります。
—————————————————————————-
4】2013年インターン生が終了

2013年夏よりインターン生としてPHJで働いていてくれていた原田晃帆さんが12月
いっぱいでインターン研修を終了しました。おもに広報のサポートとして働いてくだ
さった原田さんですが、イベントの企画から運営までさまざまな分野で力を発揮!
PHJとしても学生さんからの意見をうかがえるよい機会になりました。
原田さん、お疲れ様!
下記が原田さんのコメントになります。
http://www.ph-japan.org/whatsnew_20140131

いつも読んでいただきありがとうございます。
お問い合わせやご感想などあれば info@ph-japan.org までお寄せください。 

◆メール配信対象
 メールマガジン登録の手続きをしてくださった方々やPHJ運営委員の方々、
 およびPHJを支援してくださっている方々にお送りしています。
◆メール配信解除
 メールニュースの配信停止をご希望の方は、以下のページにてお手続きを
お願いいたします。
http://www.ph-japan.org/about_mailmagazine

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
  
  発行者:ピープルズ・ホープ・ジャパン
  国際保健医療支援団体 認定NPO法人第1号
  代表 木村 敏雄
  広報 南部 道子
  〒180-8750 東京都武蔵野市中町 2-9-32
  Tel: 0422-52-5507  Fax: 0422-52-7035
  e-mail:info@ph-japan.org
  URL: http://www.ph-japan.org
  Copyright: 2013ピープルズ・ホープ・ジャパン

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □