アジアの母と子をささえる国際保健医療支援団体

トップページ >  PHJメールニュース2013年4月号
認定NPO法人
ピープルズ・ホープ・ジャパン
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5507
FAX:0422-52-7035

PHJメールニュース2013年4月号

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ピープルズ・ホープ・ジャパン(PHJ)

―アジアの母と子をささえる

メールニュース4月号 2013/04/25

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

皆さま、こんにちは。

先日、東京では4月下旬としては1965年以来48年ぶりの低い気温を記録しました。

東北では満開の桜に雪が積もるなど珍しい光景が見られたようです。

不安定な天候が続きますが、体調管理には十分にお気を付け下さい!

4月号のメールニュースをお届けします。

 

===========================================

目次

【お知らせ】    季刊誌「HOPEニュース 64号」発行

【お知らせ】  ゴールデンウィーク休業のお知らせ

【活動報告】  ■ カンボジア  「モニタリング評価ワークショップを行いました」

■ インドネシア 「妊娠期の栄養について」

■ タイ     「工場前にて検診キャンペーンを実施しました」

【編集後記】

 

◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇

【お知らせ】 季刊誌「HOPEニュース 64号」発行

◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇

 

季刊誌「HOPEニュース 64号」を4月1日に発行しました。

『会員のひろば』のコーナーでは、個人賛助会員の鶴ヶ谷典俊様からのメッセージを掲載しています。

鶴ヶ谷様は、大学院の授業でPHJを取り上げ、問題提起や解決案の提示等を行って下さいました。

今後の活動に活かせる提言も多く、スタッフ一同とてもありがたく思っています。

http://www.ph-japan.org/wp/wp-content/uploads/2012/07/Newsletter_vol64.pdf

 

◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇

【お知らせ】 ゴールデンウィーク休業のお知らせ

◇◆◇◆◇………………………………………………………………………………………◇◆◇◆◇

PHJでは、2013年4月27日(土)~5月6日(月)までゴールデンウィーク休業を予定しております。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【活動報告】 カンボジア、インドネシア、タイ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■□■ カンボジア

活動レポート「モニタリング評価ワークショップを行いました」

http://www.ph-japan.org/program_cambodia_maternal_09

2013年度活動の中間レビューとして、内部でワークショップを開催しました。

『今後の活動の課題や対応策』の有意義な話し合いが出来ました。

 

 

■□■ インドネシア

・母子健康改善
http://www.ph-japan.org/program_indonesia_maternal
乳児死亡率と5歳未満児死亡率、妊婦死亡率も非常に高いインドネシアのバンテン州。
この状況を改善するために月例で母子保健教育を行っています。

 

活動レポート「妊娠期の栄養について」

http://www.ph-japan.org/program_indonesia_maternal_06

国立栄養研究所のヴィドド氏を招いて教育活動を実施しました。『つわり』の影響で、食べることへの恐怖を感じる妊婦に対し、嘔吐したとしても欠食しないことを心がける様アドバイスされました。

 

 

■□■ タイ

子宮頸がん/乳がん検診推進事業
http://www.ph-japan.org/program_thai_woman-disease
子宮頸がん・乳がんによる死亡率が1、2位と高いにもかかわらず、早期発見に有効な検診受診率が

低いのが現状です。このためPHJでは、検診用ミニバスを利用し、子宮頸がん、乳がんの検診の推進活動を行っています。

 

活動レポート「工場前にて検診キャンペーンを実施しました」

http://www.ph-japan.org/program_thai_woman-disease_04

平日は仕事があり、なかなか検診に行く機会がないという女性も多く、今回実施した工場前での

キャンペーンで初めて検診を受けた女性がいたりと、村人には大変喜ばれています。

 

===========================================

【編集後記】

===========================================

 

広報の南部が4月から業務に復帰しました。

5月号から、メールニュースは南部が担当します。

出産、育児の経験を織り込み、充実した内容になると思いますので、ご期待下さい!

 

…………………………………………………………………………………………………………………

広報の南部です。

産休・育休を終え8ヶ月ぶりに復帰しました。

自分の子供はもちろん、自分の体や心と向き合う時間を得て、

そしてまた職場に復帰する…

改めて産休・育休という制度の重要性を感じました。

お父さんももっと当たり前に育休をとれる風土にならないかな、と思います。

 

母子保健分野の団体である以上、自分自身の妊娠・出産、そして育児の経験を

今後の仕事に活かせれば、と思っています。

それでは今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

◆メール配信対象

メールマガジン登録の手続きをしてくださった方々やPHJ運営委員の方々、

およびPHJを支援してくださっている方々にお送りしています。

◆メール配信解除

メールニュースの配信停止をご希望の方は、以下のページにてお手続きを

お願いいたします。

http://www.ph-japan.org/about_mailmagazine

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

発行者:ピープルズ・ホープ・ジャパン

国際保健医療支援団体 認定NPO法人第1号

代表 木村 敏雄

広報  畑 真弓・南部 道子

〒180-8750 東京都武蔵野市中町 2-9-32

Tel:0422-52-5507  Fax:0422-52-7035

e-mail:info@ph-japan.org

URL: http://www.ph-japan.org

Copyright: 2012ピープルズ・ホープ・ジャパン

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇